2018-11-15
2018高知秋季キャンプ紅白戦

11/15(木)
高知市東部野球場
紅白戦
開始時間:11:45

[試合結果]
紅 200 01=3
白 400 13=8
試合結果の詳細はこちら

先攻の紅組は初回、1番の期待の高卒ルーキー西浦がヒットで出塁し、すぐさま盗塁を成功させる。続く2番の、こちらも高卒ルーキー廣澤がきっちり右打ちし、3番小田がフォアボールを選び、盗塁。1死2、3塁の先制のチャンスで今季143試合フル出場を果たした4番吉田正尚がきっちりとライトに2点タイムリーヒットを放ち2点を先制!

一方、2点を追う白組はその裏、1死満塁のチャンスから5番山足がライトへタイムリーを放ち1点差。その後内野ゴロで同点に追いつくと、8番稲富がセンターへ2点タイムリーを放ち逆転に成功!
白組は4回には、山足のこの日2本目のタイムリーが飛び出し1点を、5回にも3番西野の3ランHRで3点を追加し、8-3で紅組を圧倒した。

この試合、吉田正尚は2安打2打点ときっちりと存在感を発揮すると、西野も3ランHRを含む2安打3打点、山足は3安打2打点1盗塁と来季へ向けて確実にレベルアップをしている。育成選手の稲富も2安打2打点、白組の2番手で登板した東も2イニングを投げて1安打無失点の好投を披露。支配下選手登録へ向けて育成選手が猛アピールに成功した。

◇ 西村 徳文 監督
「いろいろな状況の中で、選手がどう考えてプレーをするかを見てみたんだけど、まだまだ課題が多いですね。ゲームの中での状況判断もそうだけど、なんとか選手に野球を覚えてもらいたいと思っている。打つ方や、走る方はいいものが出始めているだけに、それ以外の、例えば守りのポジショニングや、そういった技術の部分ですね。もっともっと野球のことを考えて学んでほしい。」


accesskey_0トップページ