2018-11-11
2018高知秋季キャンプ練習試合

11/11(日)
高知市東部野球場
練習試合/vs LGツインズ
開始時間:12:00

[試合結果]
LG 000 100 001=2
オ  000 001 100=2
試合結果の詳細はこちら

LGツインズとの練習試合が行われました。

来季、ローテーション入りを狙う小林がBsの先発。小林は、先頭バッターにヒットを許すものの、後続を落ち着いて打ち取るなど、2イニングを2安打無失点、3奪三振の好投を見せる。3回からはK-鈴木が登板。Kは4回に1点を奪われるが、2イニングで4つの三振を奪い、来季へ向けて猛アピールした。

一方、Bs打線は1点を追う6回、1アウトから山足の3BHと伏見の犠牲フライで、同点に追いつく。7回にも1アウトから西村がフォアボールで出塁し、すぐさま盗塁を決めてチャンスを拡大すると、武田のタイムリー2BHが飛び出し勝ち越しに成功する。

試合の方は、9回に5番手の鈴木優が1点を奪われ2-2の引き分けに終わったが、3番手で登板した黒木が2イニングで6奪三振を奪うなど、抜群の存在感を見せと、先発の小林、4番手の齋藤も2イニングをきっちりと無失点に抑えるなど、若手投手陣が来季へ向けて猛アピールした。

◇ 西村 徳文 監督
「黒木は抜ける変化球も何球かあったけど、いいストレートを投げていたね。ピッチャー陣、全体的に言えることだけど、有利カウントでのピッチングだね。そういうカウントで相手バッターに自分のスイングをされ過ぎだと思う。もう少し考えなければいけない部分があったね。
打つ方は練習でやってきたことを試合で出せていなかった。せっかくいい感じでできていたと思ったんだけどね。結果というよりも、そういうところをもっと思い切りやってほしかった。打席の中でどれだけの意識を持つかが大事。盗塁に関しては思い切りやってくれたと思う。続けていきたいですね。」


accesskey_0トップページ