2019/07/11(木)
西村徳文監督前半戦総括記者会見レポート
◇ 西村 徳文 監督
「前半戦は、負け越しているので満足できる数字ではないです。ただ、交流戦頃から打者の方もしぶとさがでてきましたし、チームとして機能していると感じています。
開幕当初とは、メンバーが少し変わってきていますが、若い選手が着実にレベルアップしています。
投手陣では、山岡、山本、榊原といった若い選手がチームを引っ張って、結果を残してくれていると思います。
野手の方では、中川が素晴らしいものを見せてくれました。交流戦で首位打者を獲るなど、ルーキーであれだけの打率を残すのは大したものです。
後半戦は、とにかく点を取っていかなければいけません。先発陣ががんばっているので、先に点を取って主導権を握っていきたいです。クリーンアップが機能すれば得点は増えてくるので、打ってくれると信じています。
上位まで、まだまだ手の届く数字ですから、そこをチームの目標として全員で戦っていきたいと思います。」
 ⇒画像はコチラ




戻る

accesskey_0トップページ